上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近年、全国各地で多発する集中豪雨(ゲリラ豪雨)によりアンダーパスの冠水が起こっています。アンダーパスとは、交差する鉄道や道路などの下を通過するため周辺の地面よりも低くなっている道路のことをいいます。
地形的に雨水が集中しやすい構造となっていて、局地的な大雨により冠水し、車両が水没するなどの重大な事故が発生しています。
国土交通省近畿地方整備局では、近畿道路冠水危険箇所マップを一般に公開し大雨の時の通行に注意を呼びかけています。福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県の2府5県の冠水危険箇所を確認することができます。


近畿道路冠水危険箇所マップ

国土交通省近畿地方整備局 → 近畿道路冠水危険箇所マップ


国土交通省 近畿地方整備局 道路部 道路管理課
電話:06-6942-1141


近畿道路冠水危険箇所マップのページで、関連リンクに大阪市のアンダーパス位置図のページがリンクされています。


大阪市アンダーパス位置図

大阪市アンダーパス位置図(資料:大阪市建設局管理部工務課)


大阪市では、旭区、都島区、城東区、港区、中央区、天王寺区、阿倍野区、西成区、住之江区、東淀川区、淀川区、西淀川区、平野区、東住吉区、北区、福島区、此花区に自動車が通行可能なアンダーパスがあります。


大阪市道路冠水危険箇所(自動車が通行可能なアンダーパス)
旭区
森小路アンダーパス起点側森小路アンダーパス終点側
(京阪電鉄本線)


都島区
京橋アンダーパス起点側京橋アンダーパス終点側
(JR環状線)
桜ノ宮アンダーパス起点側桜ノ宮アンダーパス終点側
(JR環状線)


城東区
榎並第2アンダーパス起点側榎並第2アンダーパス終点側
(京阪電鉄本線、成育歩道橋)
野江2号アンダーパス起点側野江2号アンダーパス終点側
(京阪電鉄本線)
蒲生アンダーパス起点側蒲生アンダーパス終点側
(城東貨物線)
新喜多アンダーパス起点側新喜多アンダーパス終点側
(JR片町線)
成育高架下起点側成育高架下終点側
(京阪電鉄本線)
新喜多高架下起点側新喜多高架下終点側
(JR片町線)


港区
南市岡高架下起点側南市岡高架下終点側
(JR環状線)
南市岡アンダーパス起点側南市岡アンダーパス終点側
(JR環状線)


中央区
片町徳庵線アンダーパス起点側片町徳庵線アンダーパス終点側
(JR環状線、市道恵美須町城東線)
大阪ビジネスパークアンダーパス起点側大阪ビジネスパークアンダーパス終点側
(市道片町徳庵線)
谷9アンダーパス起点側谷9アンダーパス終点側
(府道大阪枚岡奈良線、梅ヶ辻橋)
谷6アンダーパス起点側谷6アンダーパス終点側
(国道308号、安堂寺橋線)


天王寺区
石ヶ辻アンダーパス起点側石ヶ辻アンダーパス終点側
(近鉄大阪線)
南河堀町アンダーパス起点側南河堀町アンダーパス終点側
(JR環状線)


阿倍野区
天王寺北アンダーパス起点側天王寺北アンダーパス終点側
(JR関西本線)


西成区
鷗町アンダーパス起点側鷗町アンダーパス終点側
(JR環状線)


住之江区
大和川北岸線アンダーパス起点側大和川北岸線アンダーパス終点側
(阪堺電鉄)
南海本線アンダーパス起点側南海本線アンダーパス終点側
(南海本線)


東淀川区
阪急相川駅高架下起点側阪急相川駅高架下終点側
(阪急電鉄京都線)
阪急淡路駅アンダーパス起点側阪急淡路駅アンダーパス終点側
(阪急電鉄京都線)
西淡路南方アンダーパス起点側西淡路南方アンダーパス終点側
(阪急電鉄京都線)
上新庄駅高架下起点側上新庄駅高架下終点側
(阪急電鉄京都線)
西淡路6丁目アンダーパス起点側西淡路6丁目アンダーパス終点側
(JR城東貨物線)
相川駅南アンダーパス起点側相川駅南アンダーパス終点側
(阪急電鉄京都線)
歌島豊里線アンダーパス起点側歌島豊里線アンダーパス終点側
(JR東海道本線)
十三吹田線アンダーパス起点側十三吹田線アンダーパス終点側
(JR東海道本線)
西中島アンダーパス起点側西中島アンダーパス終点側
(JR東海道本線)
庄内新庄線アンダーパス起点側庄内新庄線アンダーパス終点側
(JR東海道本線)
JRアンダーパス起点側JRアンダーパス終点側
(JR東海道本線)


淀川区
神洲橋アンダーパス起点側神洲橋アンダーパス終点側
(阪急電鉄神戸線、神洲橋)
宮原操車場東アンダーパス起点側宮原操車場東アンダーパス終点側
(JR北方貨物線)
宮原操車場西アンダーパス起点側宮原操車場西アンダーパス終点側
(JR北方貨物線)
竹島北アンダーパス起点側竹島北アンダーパス終点側
(JR東海道本線)
阪急十三駅アンダーパス起点側阪急十三駅アンダーパス終点側
(阪急電鉄神戸線)
十三アンダーパス起点側十三アンダーパス終点側
(阪急電鉄神戸線)
塚本アンダーパス起点側塚本アンダーパス終点側
(JR東海道本線)
加島駅東高架下起点側加島駅東高架下終点側
(JR東海道本線)
神崎川駅南高架下起点側神崎川駅南高架下終点側
(阪急電鉄神戸線)
塚本6丁目高架下起点側塚本6丁目高架下終点側
(JR東海道本線)
田川アンダーパス起点側田川アンダーパス終点側
(JR東海道本線)


西淀川区
新竹島橋アンダーパス起点側新竹島橋アンダーパス終点側
(新竹島橋)
国道43号高架下起点側国道43号高架下終点側
(国道43号)


平野区
平野馬場アンダーパス起点側平野馬場アンダーパス終点側
(JR関西本線、百済貨物線)
平野元町アンダーパス起点側平野元町アンダーパス終点側
(国道25号、JR関西本線)
加美鞍作町アンダーパス起点側加美鞍作町アンダーパス終点側
(JR関西本線)
長吉アンダーパス起点側長吉アンダーパス終点側
(大阪府立長吉高等学校)


東住吉区
駒川中野高架下起点側駒川中野高架下終点側
(近鉄南大阪線)


北区
豊崎東アンダーパス起点側豊崎東アンダーパス終点側
(JR東海道本線)
長柄アンダーパス起点側長柄アンダーパス終点側
(阪急千里線)
天満高架下起点側天満高架下終点側
(JR環状線)
扇町バイパス(梅ヶ枝橋)起点側扇町バイパス(梅ヶ枝橋)終点側
(扇町公園南通線)
扇町バイパス(堀川橋)起点側扇町バイパス(堀川橋)終点側
(堀川橋)
中津アンダーパス(北)起点側中津アンダーパス(北)終点側
(JR貨物線)
中津アンダーパス(南)起点側中津アンダーパス(南)終点側
(JR貨物線)


福島区
海老江高架下起点側海老江高架下終点側
(国道2号)
汐津高架下起点側汐津高架下終点側
(JR環状線)


此花区
西九条アンダーパス起点側西九条アンダーパス終点側
(JR環状線)
西九条高架下起点側西九条高架下終点側
(JR桜島線)


大阪市 建設局 管理部 工務課
電話:06-6615-6477


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


スポンサーサイト

東京都内の一部地域において局所的集中豪雨が頻発しています。


※狭い範囲に数時間にわたり強く降り100mmから数百mmの雨量をもたらす雨のことを集中豪雨といいます。


近年、東京においては、時間50ミリを超える豪雨が増加しています。
時間50ミリを超える雨は、一部地域に偏在して降る傾向があります。
時間50ミリ以上の雨すべてを集計した場合では、環六通り~環八通り間など区部西部付近や多摩西部に集中する傾向があります。


それを流域別に見ると、石神井川、神田川、渋谷川、野川等の流域に豪雨の頻発箇所があります。
また、特に強い雨である時間75ミリ以上の豪雨の頻発箇所を見ると、神田川や石神井川の上流部である中野区や練馬区などの区部北西部に集中しています。


東京区部多摩地域豪雨発生分布状況(1kmメッシュ)
東京都区部多摩地域豪雨発生分布状況(1kmメッシュ)平成3年~平成17年
(資料:東京都建設局)

平成17年9月4日には、杉並区・中野区を中心に時間100ミリを超える豪雨により、約6千棟に及ぶ甚大な浸水被害が発生しました。


では、なぜ豪雨は、区部西部付近や多摩西部に集中して発生するのでしょうか?


ヒートアイランド現象と豪雨の関係
区部北西部における集中豪雨のメカニズム
区部北西部における集中豪雨のメカニズム(資料:都市整備局)

都市から排出される熱による高温部をヒートアイランド(熱の島)と呼びます。近年、区部北西部を中心に増加している集中豪雨は、台風による豪雨などと異なり、時間的空間的スケールが非常に小さいことが特徴となっています。
こうした豪雨の発生要因としては、発生前のヒートアイランドの形成と東京湾、相模湾、そして鹿島灘の3方向からの海風の収束が大きな影響を与えているといわれています。


集中豪雨などによる地下街等での浸水被害について → 地下空間避難確保計画


都市整備局 都市基盤部 調整課
電話:03-5388-3296


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


近年、都市部の河川流域において、台風や集中豪雨などにより地下街等での浸水被害や高齢者等の災害時要援護者の被災が目立っています。


※狭い範囲に数時間にわたり強く降り100mmから数百mmの雨量をもたらす雨のことを集中豪雨といいます。


平成15年7月福岡水害による地下施設の浸水状況
平成15年7月福岡水害による地下施設の浸水状況(資料:国土交通省)

地下街では、地表に比べ気象状況等の把握が困難であり、浸水時には「短時間で人命に関わる深刻な被害につながる可能性が高い」などの特性があります。


100mm/h及び150mm/h降雨時の浸水危険連絡口
梅田地下空間(東梅田地区)100mm/h及び150mm/h降雨時の浸水危険連絡口
(資料:国土交通省 河川局)

地下階等がある建物の管理者の方は、日頃から排水設備(側溝、ポンプなど)の点検や、土のう・止水板などを準備しましょう。
あらかじめ、地上への避難経路を確認しておきましょう。
避難の際は、まず係員の指示に従い、地上に上がることを心がけ、大きな建物の3階以上に避難しましょう。(浸水深が5.5mを超える地域については、4階以上)


平成17年5月に水防法第15条が改正され、浸水想定区域内において、地下街等への洪水予報等の伝達、地下街等の所有者又は管理者による「避難確保計画」の作成が義務付けられ、高齢者等の要援護者が利用する施設への洪水予報等の伝達の対応が盛り込まれています。


災害時要援護者に関する過去記事 → 災害時要援護者生活支援講習


国土交通省 河川局 河川計画課
電話:03-5253-8446(内線35382)


大阪市危機管理室
電話:06-6208-7388


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


地球温暖化に伴う、台風の増加や豪雨の発生頻度の増加等の気候変化により、洪水や土砂災害の増加・激化が懸念されています。
温室効果ガスが大量排出され、大気中の濃度が高まり熱吸収が増えた結果、気温が上昇し、これに伴い海面水位も上昇します。
21世紀末までに海面水位が最大約60cm上昇し、三大湾の海抜ゼロメートル地帯が約5割拡大することが予測されています。


※海抜ゼロメートル地帯とは、海岸付近で地表標高が満潮時の平均海水面よりも低い土地のことをいいます。


東京湾(横浜市~千葉市)
東京湾(横浜市~千葉市)(資料:国土交通省河川局)現状と海面上昇後

伊勢湾(川越町~東海市)
伊勢湾(川越町~東海市)(資料:国土交通省河川局)現状と海面上昇後

大阪湾(芦屋市~大阪市)
大阪湾(芦屋市~大阪市)(資料:国土交通省河川局)現状と海面上昇後

※国土数値情報をもとに河川局で作成
※3次メッシュ(1km×1km)の標高情報が潮位を下回るものを図示。面積、人口の集計は3次メッシュデータにより行っている
※河川・湖沼等の水面の面積については含まない
※海面が1m上昇した場合の面積、人口の60%分を増分として計算


近年、観測史上の記録を上回る大雨や局地的な集中豪雨等による洪水災害や高波災害が発生しており、河川管理者や地方公共団体等による更なる迅速で的確な対応が求められています。また、地球温暖化に伴う気候変化による外力の増加が水災害の増大に与える影響を分析・評価し、それらを的確にハード対策・ソフト対策に反映させ、「犠牲者ゼロ」を実現することが重要です。このため、平成21年4月より全国の8地方整備局に水災害予報センターが置かれています。


全国8地方整備局の水災害予報センターにおける取り組み例
風水害時
1.水災害の監視・予測の高度化
XバンドMPレーダによる水災害監視の強化(関東、北陸、中部、近畿)
高度な洪水予測システム(分布型モデル等)の導入と運用
リアルタイム氾濫シミュレーションの導入と運用等
2.水災害の監視・予測、予警報、水位情報等に関する情報収集や情報提供
防災関係機関への情報提供
地デジ放送局向け河川情報提供システムの構築と運用等
平常時
3.気候変化による水災害への影響の分析、評価
気候変化による洪水や渇水等に対する影響のモニタリング
水災害リスクの評価・分析等
4.都道府県河川管理者や水防管理者等に対する支援
洪水予報河川の指定、水防警報河川・海岸の指定に対する技術的支援
市町村による避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成に対する技術的支援
市町村による洪水・津波・高潮ハザードマップ作成に対する技術的支援
まちなかへの洪水標識設置(まるごとまちごとハザードマップ)の推進等


国土交通省 河川局 河川計画課
電話:03-5253-8446(内線35382)


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


大型で非常に強い台風第15号(ボラヴェン)が沖縄本島に向かって進んでいます。
沖縄気象台では、台風第15号の接近によって甚大な被害の発生が予想されるとして、最大級の警戒を呼びかけています。


台風第15号が沖縄本島地方に最も接近する26日の夜から27日の明け方にかけては、沖縄本島地方で最大風速50m、最大瞬間風速70mの猛烈な風が吹くおそれがあります。過去の台風災害をみると、最大瞬間風速60m以上では、家屋の倒壊や車の転倒・損壊、電柱の倒壊、倒木による道路寸断や建物の損壊、長時間の停電、ガラス窓の破損、転倒による人的被害が発生しています。


台風第15号は、今後もさらに勢力を強めながら、比較的ゆっくりとした速さで沖縄本島地方に接近して通過する見込みです。
台風を取り巻く広い範囲で発達した雨雲を伴っていることから、沖縄本島地方では猛烈な風や非常に激しい雨が長時間続くおそれがあります。
26日から27日にかけて非常に激しい雨が予想され、26日12時から27日12時までの24時間の降水量は600~800ミリに達する見込みです。


これは沖縄本島地方の多くの観測所のこれまでの観測記録を大きく上回る大雨です。
このため、広範囲で土砂災害の危険性が高まり、低い土地での浸水や河川の氾濫のおそれがあります。


さらに、海岸や河口付近を中心に高潮の被害も予想されます。


過去に土砂災害や洪水災害、高潮災害などが発生した地域は、特に警戒してください。


平成15年台風第14号の強風害(宮古島 最大瞬間風速74.1m/s)
平成15年台風第14号の強風害(宮古島 最大瞬間風速74.1m/s)(資料:沖縄気象台)

平成19年台風第4号の高潮害(玉城奥武島)
平成19年台風第4号の高潮害(玉城奥武島)(資料:沖縄気象台)

平成23年台風第9号の土砂災害(大宜味村)
平成23年台風第9号の土砂災害(大宜味村)(資料:沖縄気象台)

※台風第15号の接近により、甚大な被害の発生が予想されますので、最大級の警戒が必要です。


全国の河川のリアルタイム画像については、過去記事 → 国土交通省ライブカメラ映像


沖縄気象台 業務課
電話:098-833-4283


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。




 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。