上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京電力は31日、福島第一原発の南放水口(1号機から4号機用)から南330m地点で
30日午後に採取した海水から、原子炉等規制法で定める安全基準の4385倍の濃度の
放射性ヨウ素131を検出したと発表しました。


30日午後1時55分に採取した海水から検出されたのは
ヨウ素131が、基準値の4385.0倍。
セシウム134が、基準値の783.7倍。
セシウム137が、基準値の527.4倍。


福島第一原発の南放水口(1号機~4号機用)南330m地点では、29日午後に採取した
海水から法令限度の3355倍の高濃度の放射性ヨウ素131が検出されています。
過去記事 → 南放水口海水放射性ヨウ素再上昇


また、30日午前、北放水口(5号機から6号機用)の北約30m付近の海水からも、
1425倍の濃度の放射性ヨウ素131が検出されました。


福島第一原発の北放水口(5号機から6号機用)の近くからは、27日午後に採取した
海水から法令限度の1150倍の高濃度の放射性ヨウ素131が検出されています。
過去記事 → 北放水口海水から高濃度ヨウ素


福島第一原発の南放水口(1号機から4号機用)付近では、26日午後に採取された
海水から、原子炉等規制法で定める安全基準の1850.5倍の放射性のヨウ素131など
が検出されています。
過去記事 → 海水中のヨウ素131さらに高濃度


25日午前8時30分に同じ地点で採取された海水は、ヨウ素131は法律で定められた
基準値の1250.8倍、セシウム134は法律で定められた基準値の117.3倍の濃度で、
いずれも濃度が高くなっています。
過去記事 → 海水から基準1250倍のヨウ素131


福島第一原発では、21日の午後に放水口付近のサンプリング調査を行った結果で、
安全基準の126.7倍にあたる、1ml当たり5.066ベクレルの放射性ヨウ素131が検出
されています。
過去記事 → 海水放射能汚染


放水口とは、原子炉で発生する蒸気を冷やして水に戻すための冷却水(海水)や、
洗濯廃液、シャワー廃液、プラント余剰水といった液体廃棄物の他、発電所構内の
雨水などを海へ戻す場所のことをいいます。


文部科学省 → 原子炉等規制法による安全規制
科学技術・学術政策局原子力安全課原子力規制室
電話:03-6734-4036


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


スポンサーサイト

千葉県と八千代市によると、八千代市の睦浄水場の入り口手前で22日に採取した
飲用水から、大人の飲用基準(1kg当たり300ベクレル)を超える放射性ヨウ素131が
検出されていたことが30日、わかりました。


睦浄水場に給水している北千葉浄水場で22日採取されたサンプルの調査結果では
放射性ヨウ素131が1kg当たり336ベクレル検出されています。


利根川水系江戸川の河口から約25km上流にある北千葉取水場の取水口から取水、
北千葉浄水場へ送られてきた原水は、浄水・貯留され、送水ポンプと送水管によって
北千葉広域水道事業団の構成団体(1県7市)である千葉県(県営水道)、松戸市、
野田市、柏市、流山市、我孫子市、習志野市、八千代市の各受水槽へ水道用水を
供給しています。


北千葉広域水道企業団松戸庁舎
電話:047-345-3211


八千代市上下水道局
電話:047-483-6155


関東圏の浄水場放射性物質検出について
過去記事 → 千葉市浄水場で放射性物質検出
過去記事 → 日立市浄水場から放射性物質検出
過去記事 → 松戸市浄水場から放射性物質検出
過去記事 → 新郷浄水場から放射性物質検出
過去記事 → 常陸太田市浄水場から放射性物質
過去記事 → 金町浄水場から放射性物質検出


国土交通省関東地方整備局
首都圏の水資源情報 → 首都圏の水Information・首都圏の水事情


東京都水道局
水源・水質情報 → 安定した水源の確保・東京の水道水源
東京の水道水源と浄水場別給水区域 → 水道水源と水系別給水区域概要図


千葉県水道局
水源内訳 → 千葉県水道局の水源の地図
表流水:江戸川、利根川、養老川
企業団からの受水:
北千葉広域水道企業団(江戸川より取水)、君津広域水道企業団(小櫃川より取水)


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


東京電力は30日、福島第一原発の南放水口(1号機~4号機用)から南330m地点で
29日午後に採取した海水から、原子炉等規制法で定める安全基準の3355倍の
濃度の放射性ヨウ素131を検出したと発表しました。


29日午後1時55分に採取した海水から検出されたのは
ヨウ素131が、基準値の3355倍。
セシウム134が、基準値の520.2倍。


29日午前8時20分に同地点で採取した海水から検出されたのは
ヨウ素131が、基準値の2572.5倍。
セシウム134が、基準値の395.5倍。


福島第一原発では、北放水口(5号機から6号機用)の近くからも高濃度の放射性
ヨウ素131が検出されています。
過去記事 → 北放水口海水から高濃度ヨウ素


福島第一原発の南放水口(1号機から4号機用)付近では、26日午後に採取された
海水から、原子炉等規制法で定める安全基準の1850.5倍の放射性のヨウ素131など
が検出されています。
過去記事 → 海水中のヨウ素131さらに高濃度


25日午前8時30分に同じ地点で採取された海水は、ヨウ素131は法律で定められた
基準値の1250.8倍、セシウム134は法律で定められた基準値の117.3倍の濃度で、
いずれも濃度が高くなっています。
過去記事 → 海水から基準1250倍のヨウ素131


福島第一原発では、21日の午後に放水口付近のサンプリング調査を行った結果で、
安全基準の126.7倍にあたる、1ml当たり5.066ベクレルの放射性ヨウ素131が検出
されています。
過去記事 → 海水放射能汚染


放水口とは、原子炉で発生する蒸気を冷やして水に戻すための冷却水(海水)や、
洗濯廃液、シャワー廃液、プラント余剰水といった液体廃棄物の他、発電所構内の
雨水などを海へ戻す場所のことをいいます。


文部科学省 → 原子炉等規制法による安全規制
科学技術・学術政策局原子力安全課原子力規制室
電話:03-6734-4036


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


福島第一原発から半径20km圏内の避難指示が出されている地域では、県内外に
およそ6万人が避難しています。


一旦自宅に戻った住民が再び避難所に戻ると、他の住民への放射能汚染の心配
があることから、福島県は、自宅へ戻らないように呼びかけてきましたが、自宅へ
一時帰宅する人が後を絶たないことから、国に対して、法的な警戒区域を設けて
住民の立ち入りを禁止できるよう要請しました。


国の原子力災害現地対策本部では29日から、福島第一原発から20km圏内の
放射線量の調査を開始していて、測定結果の数値を見て今後の対応を判断する
方針としています。


■避難対象市町村
※福島第一原子力発電所半径20km・福島第一原子力発電所半径10km圏内
南相馬市(小高区、原町区の一部)・浪江町の一部・双葉町・大熊町・富岡町・
楢葉町・広野町の一部・葛尾村の一部・川内村の一部・田村市(都路町の一部)


■屋内待避対象市町村
※福島第一原子力発電所半径20km~30km圏内
南相馬市(原町区の一部(避難対象除く)・鹿島区の一部)・飯舘村の一部・浪江町
の一部(避難対象除く)・広野町(避難対象除く)・葛尾村の一部(避難対象除く)・
川内村(避難対象除く)・田村市(都路町(避難対象除く全部)、常葉町の一部、
滝根町の一部(山林区域)、船引町の一部)・いわき市の一部


福島県災害対策本部
電話:024-521-2101


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


静岡県と静岡県地震防災センターが一体となってWeb発信している
静岡県第3次地震被害想定結果(インターネットGIS)を紹介します。


神奈川県西部地震や東海地震が起こった場合の被害を想定して
各地の地震被害想定結果を地図上に表示することができます。


第3次地震被害想定へのリンク → 静岡県第3次地震被害被害想定(GIS)


静岡県の地図上に表示できる情報は次の通りです。


■大規模崩壊危険斜面
■安政東海地震推定津波浸水域
■推定津波浸水域
■延焼危険度
■山・崖崩れ建物被害率(神奈川西部地震)
■地震動・液状化建物被害率(神奈川西部地震)
■山・崖崩れ建物被害率(東海地震)
■地震動・液状化建物被害率(東海地震)
■推定液状化危険度(東海地震)
■推定地表実効最大加速度(東海地震)
■推定地表実効速度(東海地震)
■推定震度分布(東海地震)
■表層地質
■表層地盤
■3種地盤
■水門または陸閘


静岡県危機管理部危機情報課
電話:054-221-3366


静岡県地震防災センター
電話:054-251-7100


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。




 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。