上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政、教育文化、福祉等様々な分野に係わる各種の公共建築は、地域の人々の生活に密接な係わりを持ち、地域の活性化、生活・文化水準の向上、街並み・景観の形成等を図る上で重要な役割を果たしています。
近年、地域との連携を図りながら、公共建築の整備や運営のあり方を考えるべきという気運がますます高まっています。


防災と減災

関係団体、地方公共団体、関係省庁等が幅広く協力し、国民生活に密着したより良い公共建築物をめざすとともに、一般の方々に広く関心をもってもらうために、平成15年度より、11月11日は「公共建築の日」、11月を「公共建築月間」として定められました。


~公共建築から“防災・減災”を考える~ 防災と減災、「公共建築」にできること
防災・減災」をテーマに公共建築に出来ることを考え、公共建築への理解を深めるための講演会と施設見学会が開催されます。


講演
開催日:平成23年11月16日(水)
会場:兵庫県立美術館ギャラリー棟ミュージアムホール
(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
時間:14:00~16:00
講演:(1)「都市における防災と減災」
阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター主任研究員 奥村与志弘
講演:(2)「公共建築の防災対策」
国土交通省近畿地方整備局営繕部/社団法人 日本建築協会会長 中井進
定員:200名

施設見学
開催日:平成23年11月16日(水)
(1)会場:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)
時間:12:30~、16:10~
定員:各回100名※
(2)会場:神戸防災合同庁舎
(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-4-3)
時間:13:00~13:50、16:00~16:50
定員:各回40名

開催日:平成23年11月18日(金)
会場:大阪市消防局庁舎
(大阪市西区九条南1-12-54)
時間:10:00~
定員:40名

開催日:平成23年11月30日(水)
会場:大津びわ湖合同庁舎
(滋賀県大津市京町3-1-1)
時間:10:00~
定員:40名
※要申込・応募者多数の場合は先着順・参加費無料


公共建築協会 近畿地区事務局 → 参加申込書
電話:06-6943-7571


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


スポンサーサイト

3月11日に発生した東日本大震災では、地域住民の安全・安心の確保、情報発信等に大きな役割を果たすべき国や地方公共団体の庁舎等も大津波によって機能不全に陥るなど、公共建築も従来の地震をはるかに超える被害を受けました。
一方では、公民館、学校施設等の公共建築が地域住民の避難等に大きな役割を果たすなど、大震災を巡り公共建築に求められる役割・果たせる役割について、再考すべきことが多々ある状況にあります。
今回のシンポジウムは、身近な公共建築であるせんだいメディアテークやアクアマリンふくしまを取り上げて、計画・設計、施設運営、地域の安全・安心の確保、事業継続性、被災後の地域コミュニティの再生の核、平常時の公共建築としての再生へのプロセス等の視点から、具体の事例をもとに、災害時の公共建築の役割を改めて検証し、公共建築の関係者に資することを期待するものです。


11月11日は公共建築の日

災害時に公共建築に求められる役割・果たせる役割を考える
東日本大震災の経験に学ぶ
東日本大震災被害の概要
明治大学教授(日本建築学会災害委員会委員長)平石久廣
官庁施設の被災状況について
国土交通省官庁営繕部計画課課長補佐 野口久
せんだいメディアテークの被害と復旧
せんだいメディアテーク副館長 佐藤泰
アクアマリンふくしまの被害と復旧
アクアマリンふくしま館長 安部義孝


日時:11月11日(金)13時30分~16時30分(受付13時~)
会場:日本自転車会館1Fホール(東京都港区赤坂1-9-15)
定員:150名(要申し込み先着順)
参加費:無料


公共建築協会 総務部 → 公共建築の日シンポジウム詳細および申し込み
電話:03-3523-0381


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


がんばろう ふくしま!

9日、福島県立医大付属病院で、福島県のすべての子どもを対象として行われる甲状腺の超音波検査が始まりました。
福島県は今後2年半にわたって、福島第一原発事故当時に18歳以下だった約36万人に対して甲状腺検査を実施します。


対象
震災時0歳から18歳の全福島県民
※平成4年4月2日から平成23年4月1日までに生まれた福島県内居住者
※福島県外避難者を含む

方法
甲状腺超音波検査を実施し、結節性病変を認めた場合、福島県立医科大学附属病院等の二次検査施設において穿刺吸引細胞診や採血、尿検査を行います。
先行検査
平成23年10月より、平成26年3月までに対象の全福島県民に検査を行います。
本格検査
平成26年4月からは2年ごとに検査を行います。
20歳以降は5年ごとに健診を行い、生涯にわたり福島県民の健康を見守る考えです。


平成23年10月17日、第4回福島県「県民健康管理調査」検討委員会が開催されます。
次回の会議では、議題に甲状腺検査(詳細調査について)が含まれています。
傍聴手続に従い会議を傍聴することができます。
福島県健康管理調査室発行の 会議開催のお知らせ でお確かめください。


開催日時:平成23年10月17日(月) 13時00分から15時00分まで
開催場所:福島市太田町13-73 福島ビューホテル本館3階「吾妻I」


福島県保健福祉部健康管理調査室 → 会議開催のお知らせ
(福島県「県民健康管理調査」検討委員会事務局)
電話:024-521-8028


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。




 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。