スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土壌から高濃度セシウム検出

文部科学省は23日、福島第一原発から約40km離れた福島県飯舘村の土壌から、
高濃度のセシウム137が検出されたと発表しました。


文部科学省によると、20日午後0時40分に飯舘村で採った土1kgあたりから、
セシウムが163,000ベクレル、ヨウ素が1,170,000ベクレル検出されました。
国が定めた放射線管理区域の基準値の4倍に相当します。
放射性ヨウ素の値は約30倍の値でした。


19日午前11時40分に同じ場所から採った土と比べて
セシウムで約6倍、ヨウ素で約4倍高くなっています。


約45km離れた川俣町で19日に採った土から
セシウム8,690ベクレル、ヨウ素85,400ベクレルを検出しました。
約25km離れた南相馬市では
セシウム4,040ベクレル、ヨウ素35,800ベクレルを検出しました。


ヨウ素の半減期は8日間と短いですが、セシウム137は30年間と長期間ですので、
土壌が汚染されることにより、人体や農作物などに影響が出る可能性があります。


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。