スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海地震発生時の震度と津波

中央防災会議の東海地震対策専門調査会では、東海地震が発生した時の
震度の分布や津波の高さの分布は下の図のようになると想定しています。


東海地震の想定震源域と想定される震度分布
(資料:内閣府)

東海地震(マグニチュード8程度)が発生すると
静岡県、山梨県の一部で、震度7となるところがあります。
静岡県の全域および山梨県、愛知県、神奈川県、長野県、岐阜県の一部を含む
広い地域で震度6強か6弱。
隣接する周辺の地域で震度5強程度。
東京都や三重県は、震度5強以下と想定されています。


想定される海岸における津波高さの分布
(資料:内閣府)

太平洋沿岸の広い地域に津波の来襲が予想されます。
特に、伊豆半島南部、駿河湾から遠州灘、熊野灘沿岸及び伊豆諸島の一部では
5mから10m、ところによってはそれ以上の大津波となるおそれがあります。
相模湾と房総半島では、ところにより3m以上と予想されます。


東海地震が発生した場合、地震の揺れや津波等により
建物全壊約26万棟、死者数約9,200人という甚大な被害が予想されるため
日頃からの十分な備えが必要です。


東海地震・東南海・南海地震の地震発生確率については
過去記事 → 海溝型地震の地震発生確率


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。