スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原発INES評価レベル7

経済産業省原子力安全・保安院は、福島第一原子力発電所の事故を「国際原子力
事象評価尺度
」(INES)で最も深刻な事故に当たるレベル7に引き上げました。


国際原子力事象評価尺度
(資料:日本原子力文化振興財団科学文化部教育支援センター)

国際原子力事象評価尺度
日本は1989年、原子力発電所などで発生した事故や故障などの程度が簡明に
客観的に判断できるよう「原子力発電所事故・故障評価尺度」を制定しています。
国際評価尺度では0~7の8段階ですが、日本の評価尺度ではレベル0を、さらに
レベル0-とレベル0+とに分けて、9段階で評価しています。


国際原子力機関(IAEA)と経済協力開発機構/原子力機関(OECD/NEA)が同じような
趣旨で世界共通の「国際原子力事象評価尺度」(INES)を策定、試験的な運用の後、
各国に導入を提言、これに準拠し日本でも国際評価尺度に切り替えています。


国際原子力事象評価尺度」(INES)で、チェルノブイリ発電所事故は最大のレベル7、
スリーマイル島発電所事はレベル5、JCO臨界事故はレベル4と評価しています。


政府の最新の対応状況については
東日本大震災への対応」(首相官邸ホームページ)をご覧ください。
官邸において発表された情報が、順次掲載されています。


内閣官房内閣広報室
東京都千代田区永田町1-6-1


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。