スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詳細モニタリング実施計画

警戒区域および計画的避難区域における詳細モニタリング実施計画について


警戒区域および計画的避難区域について、「環境モニタリング強化計画」の一環として
2kmメッシュで実施する土壌調査と整合性を図り、これを補完する調査を実施します。


警戒区域および計画的避難区域を対象にした詳細な空間線量率の調査を実施します。
(実施者:電力中央研究所、東京電力)
※警戒区域(20km圏内)は、文科省と整合し実施
※計画的避難区域については、避難完了後実施


基礎データ収集モニタリング(基礎データを把握するためのモニタリング)
実施時期:6月13日~6月下旬(予定)
調査場所:浪江町駅付近、富岡町駅付近の2kmメッシュ地点(都市部を選定)
測定点:上記2地点を100mメッシュに区切り400地点で空間線量率を計測


100mメッシュ(400点)で空間線量を網羅的に計測を行い多様な環境の線量LVを把握し全体計画の基礎データとする。
基礎データ収集モニタリング(資料:原子力災害対策支援本部)

広域モニタリング(基礎データを元にしたモニタリング)
実施期間:6月下旬~8月下旬(予定)
調査場所:警戒区域と計画的避難区域を2kmメッシュ(全217メッシュ)とし、
1メッシュ20点程度を選定、順次計測します。(217メッシュ×20点程度=約4,340点)
※アクセス困難な場所、森林等人が住んでいない場所は除外


警戒区域および計画的避難区域における詳細モニタリング
環境モニタリング強化計画地図(資料:原子力災害対策支援本部)

個別詳細モニタリング
広域モニタリングの結果を踏まえ、これら区域の環境改善対策の実施方法等の検討のための基礎データを得るため、住宅や道路、校庭などの詳細調査を行います。
(6月中旬~10月末実施予定)


高線量エリアを中心に所有者の了解を得た箇所について実施
空間:モニタリングカーによる計測
土壌・森林:線量の高い田、畑、校庭の深度分布を調査
人工物:住宅および道路の汚染状況の調査
水:水道水(浄水場の上流域)、水環境(貯水池他)を調査
この他、土壌の深度方向の汚染分布や道路の横断面のモニタリングも実施


内閣府原子力被災者生活支援チーム
東京都千代田区永田町1-6-1
電話:03-3581-4571


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。