スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海地震予知

東海地震は、駿河湾から静岡県の内陸部を震源域としていつ発生してもおかしくないと考えられている大規模な地震で、現在、科学的な直前予知の可能性がある地震と考えられています。気象庁は、東海地震の発生を予知し、国民の防災・減災行動に役立てるため、関係機関の協力を得て、東海地域とその周辺に展開された地震計、ひずみ計などのデータを収集し、東海地震の前兆現象となる地震と地殻変動を24時間体制で監視しています。


東海地震の発生予知「前兆すべり」
東海地震の発生予知「前兆すべり」(資料:気象庁)

東海地震の予知は前兆すべりを捉えることで行います。地震は地下の岩盤の破壊を伴う急激なずれ(断層運動)により発生しますが、プレートの境界付近で発生する東海地震は、断層運動の前に岩盤の一部が徐々にずれ始めると考えられています。このずれ始めが前兆すべりで、これに伴う地盤の伸縮(地殻変動)をひずみ計などで捉えます。観測データに異常が現れた場合、気象庁は、東海地震に結びつくかどうかを東海地震に関連する情報で発表します。防災機関等はこの情報内容に応じた段階的な防災対応をとります。ただし、前兆すべりが小さい場合など、必ずしも前兆現象を捉えることができず、上記の情報を発表できないまま東海地震が発生することもありえますので、日頃から地震に備えておくことが大切です。


地震の予知とは、地震の発生時期、場所、大きさ(マグニチュード)を地震の発生前に科学的な根拠に基づき予測することをいいます。現在の地震学では、地震の予知は実用段階ではなく研究段階のものと考えられていますが、その中で、東海地震については、現在日本で唯一、短期直前予知ができる可能性がある地震と考えられています。


東海地震が短期直前予知ができる可能性がある地震と考えられている根拠
1. 科学的に根拠のある前兆現象(前兆すべり)を伴う可能性が高いと考えられること
2. 予想震源域の周辺に精度の高い観測網が整備され前兆すべりに伴う異常なデータを捉えられる可能性があること
3. 捉えられた異常な現象が前兆現象(前兆すべり)であるか否かを科学的に判断するための基準があること
以上の3つが挙げられます。
※東海地震についても発生日時を指定した予知を行うことはできません。
※前兆現象である前兆すべりが急激に進んだ場合や小さい場合には短期直前予知ができない場合があります。


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。