スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海地震長周期地震動予測地図

想定東海地震は、南海トラフ沿いを震源とする地震のうち、駿河湾から浜名湖沖の領域を震源とするマグニチュード8クラスの地震です。
過去に南海トラフで発生した地震のうち、この領域だけを震源域とした地震は知られていませんが、1944年の東南海地震(昭和東南海地震)の際に破壊せずに残ってしまった領域に相当しているため、想定東海地震の発生が切迫していると考えられています。


速度応答スペクトル(周期5秒)の分布
速度応答スペクトル(周期5秒)の分布(資料:地震調査研究推進本部)

想定東海地震が起こったときに発生すると考えられる長周期地震動を予測したもので、長周期地震動の指標となる速度応答スペクトルの周期5秒での分布を示しています。
固有周期5秒の建物において、建物をおもりの動きに模したときの揺れの速度を地図に示しています。
それぞれの固有周期を持つ超高層ビルなどの長周期構造物においては、震源に近い地域では大きな揺れが予測されますが、それ以外にも関東平野や濃尾平野、大阪平野など、平野部で長周期地震動の揺れが大きいことがわかります。
周期5秒、速度応答が100cm/sの場合、約0.8m(往復約1.6m)揺れることになります。
一般的な超高層ビルにおいては、その建物の頂部の揺れ方は、応答スペクトルの値の20~30%程度増しになる場合もあると考えられています。
※速度応答スペクトルとは速度を評価量とした応答スペクトルのことをいいます。


文部科学省
研究開発局地震・防災研究課
地震調査研究推進本部


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment

揺れました。

昨日、近畿地方で地震がありました。
私の住んでた大阪でも揺れました。
でも、地震に負けません。
そして、
日本は、あきらめない。

Re: 揺れました。

> 昨日、近畿地方で地震がありました。
> 私の住んでた大阪でも揺れました。
> でも、地震に負けません。
> そして、
> 日本は、あきらめない。

和歌山で震度5強の地震がありましたね。
近畿地方だけでなく結構広い範囲で揺れています。
地震への備えは大切ですね。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。