スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原子力発電所仮設防潮堤

東京電力福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋において、当面の取り組みのロードマップにある余震対策等の津波・補強・他ですが、5月18日より仮設防潮堤の設置を開始し、6月末に設置が完了しています。
この仮設防潮堤ですが、蛇籠(じゃかご)を積み上げて遮水シートを挟み込んだ構造になっています。


※じゃかごとは、金網に砕石を積めたものです。


仮設防潮堤断面図
仮設防潮堤断面図(資料:東京電力)

施工状況の例
施工状況の例(資料:東京電力)

仮設防潮堤設置の様子
仮設防潮堤設置の様子(資料:原子力災害対策本部)

完成した仮設防潮堤は、全長が362メートル、海面からの高さは最高で約14メートルとなっています。


余震が多数発生しています。
引き続き余震による強い揺れに警戒してください。
また、これまでの強い揺れのために地盤がゆるんでいる地域では、降雨や余震による土砂災害の発生する危険性が高まっていますので、併せて警戒してください。


原子力災害対策本部
政府・東京電力統合対策室


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment

No title

お久しぶりです。
お忙しいのはいいことです。

仮堤防はこうなっていたんですね。現場の方々には頭が下がります。

ではー。

Re: No title

> お久しぶりです。
> お忙しいのはいいことです。
>
> 仮堤防はこうなっていたんですね。現場の方々には頭が下がります。
>
> ではー。

おひさしぶりです。
蛇籠は、河岸・海岸の護岸や堤防を保護する水制の部材として使われています。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。