スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺の超音波検査

がんばろう ふくしま!

9日、福島県立医大付属病院で、福島県のすべての子どもを対象として行われる甲状腺の超音波検査が始まりました。
福島県は今後2年半にわたって、福島第一原発事故当時に18歳以下だった約36万人に対して甲状腺検査を実施します。


対象
震災時0歳から18歳の全福島県民
※平成4年4月2日から平成23年4月1日までに生まれた福島県内居住者
※福島県外避難者を含む

方法
甲状腺超音波検査を実施し、結節性病変を認めた場合、福島県立医科大学附属病院等の二次検査施設において穿刺吸引細胞診や採血、尿検査を行います。
先行検査
平成23年10月より、平成26年3月までに対象の全福島県民に検査を行います。
本格検査
平成26年4月からは2年ごとに検査を行います。
20歳以降は5年ごとに健診を行い、生涯にわたり福島県民の健康を見守る考えです。


平成23年10月17日、第4回福島県「県民健康管理調査」検討委員会が開催されます。
次回の会議では、議題に甲状腺検査(詳細調査について)が含まれています。
傍聴手続に従い会議を傍聴することができます。
福島県健康管理調査室発行の 会議開催のお知らせ でお確かめください。


開催日時:平成23年10月17日(月) 13時00分から15時00分まで
開催場所:福島市太田町13-73 福島ビューホテル本館3階「吾妻I」


福島県保健福祉部健康管理調査室 → 会議開催のお知らせ
(福島県「県民健康管理調査」検討委員会事務局)
電話:024-521-8028


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。