スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公共建築の日シンポジウム

3月11日に発生した東日本大震災では、地域住民の安全・安心の確保、情報発信等に大きな役割を果たすべき国や地方公共団体の庁舎等も大津波によって機能不全に陥るなど、公共建築も従来の地震をはるかに超える被害を受けました。
一方では、公民館、学校施設等の公共建築が地域住民の避難等に大きな役割を果たすなど、大震災を巡り公共建築に求められる役割・果たせる役割について、再考すべきことが多々ある状況にあります。
今回のシンポジウムは、身近な公共建築であるせんだいメディアテークやアクアマリンふくしまを取り上げて、計画・設計、施設運営、地域の安全・安心の確保、事業継続性、被災後の地域コミュニティの再生の核、平常時の公共建築としての再生へのプロセス等の視点から、具体の事例をもとに、災害時の公共建築の役割を改めて検証し、公共建築の関係者に資することを期待するものです。


11月11日は公共建築の日

災害時に公共建築に求められる役割・果たせる役割を考える
東日本大震災の経験に学ぶ
東日本大震災被害の概要
明治大学教授(日本建築学会災害委員会委員長)平石久廣
官庁施設の被災状況について
国土交通省官庁営繕部計画課課長補佐 野口久
せんだいメディアテークの被害と復旧
せんだいメディアテーク副館長 佐藤泰
アクアマリンふくしまの被害と復旧
アクアマリンふくしま館長 安部義孝


日時:11月11日(金)13時30分~16時30分(受付13時~)
会場:日本自転車会館1Fホール(東京都港区赤坂1-9-15)
定員:150名(要申し込み先着順)
参加費:無料


公共建築協会 総務部 → 公共建築の日シンポジウム詳細および申し込み
電話:03-3523-0381


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment

いろいろあったけど・・・

今年は、いろいろあったけど・・・
日商簿記検定2級の合格に
向けて頑張りたいと思います。

Re: いろいろあったけど・・・

目標を持つことはいいことですね。
ぜひ頑張って欲しいと思います。

> 今年は、いろいろあったけど・・・
> 日商簿記検定2級の合格に
> 向けて頑張りたいと思います。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。