スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災と減災、「公共建築」にできること

行政、教育文化、福祉等様々な分野に係わる各種の公共建築は、地域の人々の生活に密接な係わりを持ち、地域の活性化、生活・文化水準の向上、街並み・景観の形成等を図る上で重要な役割を果たしています。
近年、地域との連携を図りながら、公共建築の整備や運営のあり方を考えるべきという気運がますます高まっています。


防災と減災

関係団体、地方公共団体、関係省庁等が幅広く協力し、国民生活に密着したより良い公共建築物をめざすとともに、一般の方々に広く関心をもってもらうために、平成15年度より、11月11日は「公共建築の日」、11月を「公共建築月間」として定められました。


~公共建築から“防災・減災”を考える~ 防災と減災、「公共建築」にできること
防災・減災」をテーマに公共建築に出来ることを考え、公共建築への理解を深めるための講演会と施設見学会が開催されます。


講演
開催日:平成23年11月16日(水)
会場:兵庫県立美術館ギャラリー棟ミュージアムホール
(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
時間:14:00~16:00
講演:(1)「都市における防災と減災」
阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター主任研究員 奥村与志弘
講演:(2)「公共建築の防災対策」
国土交通省近畿地方整備局営繕部/社団法人 日本建築協会会長 中井進
定員:200名

施設見学
開催日:平成23年11月16日(水)
(1)会場:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)
時間:12:30~、16:10~
定員:各回100名※
(2)会場:神戸防災合同庁舎
(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-4-3)
時間:13:00~13:50、16:00~16:50
定員:各回40名

開催日:平成23年11月18日(金)
会場:大阪市消防局庁舎
(大阪市西区九条南1-12-54)
時間:10:00~
定員:40名

開催日:平成23年11月30日(水)
会場:大津びわ湖合同庁舎
(滋賀県大津市京町3-1-1)
時間:10:00~
定員:40名
※要申込・応募者多数の場合は先着順・参加費無料


公共建築協会 近畿地区事務局 → 参加申込書
電話:06-6943-7571


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ ブログランキング にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。