スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災教育センターで学ぼう

全国には、防災学習センターや防災教育センターという施設があります。
自然災害を擬似体験することで学習することができます。


施設によって設備に多少の違いはありますが
地震体験装置では、過去の大きな地震を擬似体験することができます。


他にも、水消火器による消化体験や煙が充満した避難経路からの脱出体験など
災害時の対応を学ぶことができます。


和歌山県にある「津波防災教育センター」を紹介します。
津波防災教育センター」は、地震による津波の災害を学ぶことができる施設です。


防災体験室では、「応急」「復旧」「予防」を、防災川柳、解説グラフィック、体験映像など
ゲーム形式で学び、INAMURAレンジャーを目指します。
学習の終了後は、判定コーナーにて認定証が交付されます。


また、迫力ある地震津波を体感することができる大画面3D津波映像シアターや
実際に津波を起こし津波の伝わり方を学べる長さが約16mある津波実験水槽など
津波災害を学習するための設備が整っています。


稲むらの火の館 → 津波防災教育センター
所在地:和歌山県有田郡広川町広671
電話:0737-64-1760


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
インターネットでみんなとつながります。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。