スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屈折放水塔車で原発3号機に放水

18日午前1時前、政府の対策本部から東京都の石原知事に対して
福島第一原子力発電所に消防車の派遣を求める要請があったということです。


これを受けて午前3時過ぎ、東京消防庁のハイパーレスキュー部隊など30の部隊、
139人で編成する緊急消防援助隊が、消防車とともに現地に向けて出発しました。


東京消防庁は、福島第一原子力発電所で、19日午前0時30分から、原発3号機の
使用済み燃料を保管するプールに向けて20分間にわたり放水しました。


放水は、屈折放水塔車という特殊な消防車を、3号機からわずか2mほどの場所に
配置し、離れた場所で汲み上げた海水をホースで送りながら連続して行われました。


現場は、津波や水素爆発によるがれきなどで足場が悪くて、予定していた岸壁には
海水を汲み上げるポンプ車を配置することができなかったため、全長800mのホースを
引いて送水するしかありませんでした。


このうち、350mほどの間はホースを設置する車両が通行できず、40人の隊員が2手に
分かれて、放射線にさらされる恐怖の中で車から降り、長さ50m、重さ100kgのホース
合計7本を手作業でつないで屈折放水塔車まで送り、連続して放水が行われました。


19日に開始された放水は、21日未明まで3回に分けて行われました。
放水時間は、合わせて20時間余りに及んだということです。


屈折放水塔車
(写真:東京消防庁)

屈折放水塔車は、最大地上高23.0mの三節ブーム式屈折放水塔を装備しています。
高所火災や危険物火災など、消防隊が容易に近づけない火災現場において、
高所から毎分3,900リットルの注水および泡放射を行うことができる消防車両です。


東京消防庁 → <消防車両:屈折放水塔車>


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災ブログをどうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。