上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急医療週間ということで救急のキャラクターを検索してみると
救急戦隊ゴーゴーファイブがヒットしました。


1999年2月21日(日)から2000年2月6日(日)までテレビ朝日系列で放映された
東映制作の特撮テレビドラマ「スーパー戦隊シリーズ」ですね。


登場する5人の戦隊は、5人兄弟。
5人が戦隊になる前の職業は、消防士、警察官、救急救命士など、人の命を守る仕事。
そして、父は博士で防災研究所の所長という設定になっています。


救急戦隊ゴーゴーファイブは、災魔一族が引き起こす世界の大災害に立ち向かい
地球の未来をレスキューするというストーリーなのです。


救急戦隊とネーミングされていますが、防災戦隊のような活躍ぶりですね。
キャッチフレーズは、「人の命は地球の未来」。


スーパー戦隊シリーズは、いつの世代の子どもたちにも人気がありますよね。
子どもたちに受け入れられるキャラクターの存在は、本当に大きいと思いました。


ひとりから始める災害被害を軽減する国民運動支援の1つの試み。
防災意識を高めるきっかけとなるブログを目指して進めてまいります。
どうぞよろしくおねがいします。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。


災害被害を軽減する国民運動サポーターのページに掲載されている
地震災害啓発ファシリテーター「じしんまん」と
津波災害啓発ファシリテーター「つなみまん」は
高知県庁ホームページで、高知県防災キャラクターとして紹介されています。


アンパンマンで有名な、やなせたかしが制作を担当しています。
やなせたかしは、高知県の出身のイラストレーターとして知られている人です。


「じしんまん」と「つなみまん」の他に
「たいさくくん」「ヘルパちゃん」「トラフ博士」「ゆうどうくん」といった
合わせて6つのキャラクターが、平成15年3月に誕生しています。


子どもが積極的に「防災」に取り組むためには
「おどす」だけでなく「楽しむ」ことが必要ではないかと考えたそうです。


「あそび」ながら「ぼうさい」を行う
「あそぼうさい」ということをイメージできるキャラクターが誕生したのですね。


これら6つのキャラクターは
南海地震対策の普及啓発活動を目的とした事業(内容)に限って
高知県危機管理部地震・防災課(地域防災支援)に使用申請書を提出し
承認を受けた後にイラストを使用することができるそうです。


ただし、使用の対象者は市町村や各団体としています。
個人での使用はできないようです。


防災ブログでイラストを掲載することができません。
ここでは、高知県防災キャラクターのプロフィールを紹介します。


じしんまん」・・・超巨大地底人。
つなみまん」・・・超高速海人。
たいさくくん」「ヘルパちゃん」・・・元気な防災キッズ。
トラフ博士」・・・南海地震博士。
ゆうどうくん」・・・逃げ先案内人。


防災ブログの防災教育・防災学習のリンク「南海地震に備えてGOOD!!」をクリックすると
高知県防災キャラクターが活躍するサイトをすることが閲覧できます。


FC2ブログランキング 地震・天災・自然災害へ 人気ブログランキング 防犯・防災へ にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ blogram投票ボタン

↑防災に関するランキングに参加しています。バナーをクリックすると投票されます。
たくさんの人々に災害被害を軽減する国民運動を知っていただく機会に恵まれます。




 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。